光に包まれる

子どもや家族の写真を撮るとき、ドラマチックな写真になるとっておきのテクニックがあります。

それは逆光で撮ること。

 

IMG_1747

 

夕方や、太陽の位置が低い時間に太陽の光が直接あたる場所。
子どもたちと一緒にたくさん遊んで、そして太陽の光が当たったときが写真を撮るチャンスです。

 

太陽が子どもの後ろになるような位置に自分が移動して、カメラを向けてみる。
真後ろ、というより、少し斜め後ろから光があたるくらいのところ。

 

すると、子どもは黄色い光に包まれて、身体の輪郭、髪の毛の一本一本が逆光で浮き上がる・・。

 

光に包まれている感じがなんだかドラマチックで、子どもへの気持ちや、この場所の空気感のようなものまで写真に残る気がします。
それは光のマジックのよう。

僕のフィールドは北海道なのですが、秋から冬にかけて、高緯度である北海道は太陽の角度が低い。

角度にして10度以上太陽の位置が低く、高緯度ならではやさしい光が差し込みます。

 

逆光写真のポイントは露出補正です。

顔が真っ黒になってしまうことが多いので、露出補正プラスして撮るのが基本。
露出補正の仕方は事前に確認しておきましょう。

逆光の写真、ぜひ楽しんでみて下さいね。

 


この記事を書いたのは、
ハートフルフォトフォトグラファー五十嵐豊です。

外に出よう

北海道の晩秋、風はすっかり冷たくなり、いつ雪が舞ってもおかしくない・・そんな日曜日。
子ども達と一緒に公園に遊びに来ました。

こんなに寒いのに子ども達は元気いっぱい。
うれしそうに走り回り、ブランコをこぎ、滑り台を滑る・・。
そんな様子をパチリ。

北海道、高緯度ならではのやさしい太陽の光が子どもを包み込んで、とてもいい感じの写真になりました。

どういうわけか、家の中やスタジオよりも、屋外のほうが気持ちが伝わる写真を撮りやすい気がします。

子ども達の気持ちのせいでしょうか。
それとも太陽の光のせいでしょうか。

いずれにしても、子どもを誘ってカメラを持って。
天気のいい日は外に出たいものですね。

外に出よう

すぐカメラを見ない

デジカメになって変わったことのひとつが、撮った写真がすぐ見られること。
1枚撮るごとに写真が確認できるのはとても便利で、少し前なら考えられなかった変化です。
写真を撮るたびに下を向いて確認している姿をよく見ます。
でもちょっと待って。
子どもの自然な写真を撮るとき、この「確認する」という動きがないほうがいいなー、と思うことがよくあります。
なぜなら、子ども写真で大事なのはシャッターチャンスだから。
子どもの表情や動きは瞬間瞬間で変わっていき、それを見逃さないことがなによりも大事。
いい瞬間の次にもっといい瞬間があることはよくあります。
撮った写真、気になりますよね。
もし確認する場合は手早く、軽く見る程度。
ぜひ試してみて下さい。

 

 

すぐカメラを見ない

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

寝顔を撮る

赤ちゃんがリビングで寝ています。

その寝顔を眺めていると、なんだかとても穏やかな気持ちになるもの。
いったいどんな夢を見ているのだろう…。

そんな赤ちゃんの寝顔を撮るコツは2つ。

ひとつは視線を下げて撮ること。
上から見下ろす形ではなく、真横またはそれよりやや上くらいから撮るのがオススメです。
また背景がごちゃごちゃしていないほうが、より幸せが伝わる写真になります。

もうひとつは、露出を大きくプラスにして明るい雰囲気にすること。
作例もプラス1と1/3にして、柔らかい雰囲気になるようにしました。

たまたま光が逆光気味だったので、それも赤ちゃんの優しい雰囲気を引き立てています。

寝顔を撮る

複数の人物を写す

僕がひとりめの子どもが生まれたときにやってしまった失敗..
それは、子ども単独の写真ばっかり撮っていたことです。

たくさんの写真を撮ってやっとわかったこと。

それは、子どものアップだけじゃなく、まわりのものや状況を入れたほうがいい。

特に「人」を入れる。

子どもなら子どもの表情やかわいさも大事だけれど、それを取り巻くものや人が一緒に写るからこそ気持ちが込められる…

人が複数人入ると、その関係性が必ず写ります。
子どもに対しての気持ち。

そしてそれを撮っている人の気持ち。
そんなものが結果として気持ちの伝わる写真になる。

もちろん子どものアップだって、撮影者の気持ちはちゃんと伝わります。
ただ、それだけではちょっと物足りない。

そして、かなり意識を持っていないと、どうしても子どものアップの写真ばかりになってしまうのも事実。
誰かと一緒になったら、その人と一緒のところを撮る。

自分が子どもと一緒のところを撮ってもらう。

人が複数人入った写真。

そんなことを意識して、気持ちの伝わる写真をぜひたくさん撮ってみてください。

 

 

CRW_9194

オンラインストア「ノートページ」にリンクします

BroadLTEが月額2,856円で使い放題!≪当サイト限定プラン≫月額支払い業界最安値。

みている目、みているもの

子どもと一緒にお散歩していたら、水道の蛇口を見つけました。

子どもって水が大好き、イタズラ大好きなので、公園にある蛇口を見つけるとなにか「気持ちのスイッチ」が入ってしまうみたい。

タタタと駆けていって、さっそく触ってみる。

「どれどれ・・、水でるかな?」そんな気持ちになっている子どもの様子を写真に撮ってみました。

 

このときのポイントは、子どもの顔と子どもが興味を示しているものの両方が入るようにすること。

「見ているもの」と、それを「見ている目」の両方が入る構図にするのがポイントです。

目が入ると気持ちが写り、対象物が入ると、写真に共感が生まれる気がします。

作例では、コレなんだろう…?と蛇口を触っている様子を、蛇口と顔の両方が入るようにしてみました。

 

単焦点レンズなどを使っている場合は、F値を小さくして背景をボカすのも、主題が引き立ちます。

 

「なんだろう・・」「おもしろいなー」そんな瞬間をぜひ写真に撮ってくださいね。

 

みているもの、みている目

話を聞く

自分の子どもでも、ほかの家族を撮るときでも、気をつけていることがあります。

それは、写真を撮ろうとしている相手の話を聞くこと。

今日はいい天気だね、、みたいな話から始まって、いろいろなことを聞いてみる。
幼稚園に行っている子だったら、クラスの名前、先生のこと、昨日はなにをしたの・・?
親だったら、子どもの普段の様子、生まれたときのこと、家族のこと・・など、なんでもいいのです。

そしてそれは、まだ話なんか出来ない赤ちゃんでも一緒。

もちろん返事なんかしないけど、今日はいい天気で気持ちがいいねー、とか、お母さんに抱っこされてうれしいよね、、とか。

写真を撮る人、カメラマンとか言うと、「わらってー」とか言っていろいろ指示するイメージだけど実は全然違うのです。

だいたい「笑って」といって笑顔になれるのはプロのモデルさんくらい。

カメラで撮ろうとしているのは人の関係性だったり、気持ちだったりするけれど、でも実際は撮影する人との関係性も絶対に写ってしまう。

だから大切なことはコミュニレーション。

実際は写真を撮りながら話をする、というよりも、話を聞きながらついでに写真も撮る、くらいのほうが感覚的には合っています。

そして話は「する」ではなく「聞く」。

自分の知っていることを話すのではなく、相手の話を聞くことが大事。

ぜひ「話を聞く」やってみてくださいね。

 

話を聞く

赤ちゃんのチカラ

赤ちゃんって不思議な存在です。

・・そこにいるだけで、その場の空気の雰囲気が変わる。

どういうわけか、ただいるだけで和んでしまう。

 

その無防備さのせいでしょうか。
それとも私たちにもともと備えられた「なにか」のせいでしょうか。

 

「かわいい」とかそんな簡単な言葉では表現できない、そんな不思議なチカラを持っている気がします。

・・写真は生後2ヶ月半の赤ちゃんとお母さん。

まだ首も座らず、ベッドに寝たまま。

お母さんが、なにやらちょっかいを出している・・

そんな様子をパチリ。

大人の顔や手で、赤ちゃんの小ささがより引き立ちました。

 

赤ちゃんのチカラ

 

今回はCanon付属ソフトのDPPで、
・ピクチャースタイル「モノクロ」
・調色「紫」
にしてみました。

大切なことはココロのうごき

 

小さな子どもをよく見ていると、子どもはいろいろなモノに心を動かされています。

子どもの気持ちが無垢だからでしょうか。
世の中が知らないことばかり、白い心だから、でしょうか。

「あっ、これなんだろう・・」

子どもにとってはそんなふうに感じることがたくさん。

そして、そんな瞬間こそが、写真を撮るチャンス。

不思議なことに、そんな瞬間を切り取った写真は、大切な人にILoveYouが伝えられる写真になる気がします。

心の動いたときを写真に撮ること。

「きれいだな..」「かわいいな」
「楽しいなぁ」「不思議だなあ」

撮られる人たちの心のうごき。
あるいは撮る人の心のうごき。

言うまでもなく、大切なことは心が動いた瞬間を見逃さないこと。

 

大切なことはココロのうごき

「いないばあ!」
うれしくて楽しい!そんな顔が可愛いなあ、と撮った一枚。
モデルの気持ち、撮影する人の気持ち。それぞれが動いた瞬間です。

マタニティ写真

 

「ママのおなかに僕がいるんだね…」
まるで確かめるように、子どもは何度も写真を見ていました。

子どもは自分がおなかに入っている写真を見るのが好きです。

理由はよくわかりませんが、自分の出生について知りたいのか、何度も何度も同じことを聞いていた子どもの顔が印象的でした。

そんなわけで、妊娠して出産が近づいたらぜひマタニティ写真を撮るのがオススメです。

写真館に行って、撮ってもらうのも素敵ですし、そんなふうに気合い入れて写真撮らなくても、普段のスナップのようなものでも大丈夫。

コツとしては、おなかに手を当てたり、おなかを強調するポーズを試してみてください。

パパと一緒に撮ってみたり、好きな場所で撮ってみたり。

もちろん撮影はパパにお願いしてもいいし、セルフタイマーでもOKです。

 

マタニティ写真

出産当日は日曜日でした。公園を散歩しているときの1枚。

このあとすぐ産気づいて病院に行き、スピード出産になりました。

1 2 3