撮影者のまなざし…単焦点のぼけ

_MG_9387一眼レフカメラで撮った、たくさんボケが入っている写真は素敵です。

それはきっと、撮影している人の視線を込めることができるから。
子どもに対する「まなざし」のようなものが写るから。

僕たちも、なにかを見つめるときは、それ以外のものは目に入っていない。

たくさんの人間がいるなか、きちんと自分の子どもだけを見ることができる。
こんなにたくさんの人がいるのに、きちんと自分の子だけをすぐに探すことができる。

子どもだって同じ。
たくさんの大人がいるのに、自分の母親だけを見つめることができる。

背景がぼけている写真には、そんな日常の私たちの生きている世界を投影しているのかもしれません。

だから、僕たちはそんな写真にココロをひかれてしまう。

ぜひそんなボケが素敵な写真を撮ってみてください。

CRW_6991

具体的には?

ボケの量は、レンズの明るさで決まります。
明るさとは、レンズに書かれたFの値。
F1.4とかF4とか書かれた値が小さいレンズほどボケの量が多いのです。

そこに書かれた値は「開放値」といって、
「そのレンズで設定できるいちばん小さい値」のこと。
だからF4というレンズは、F4やF8には設定できるけれど、F2にはなりません。

この開放値はレンズごとにもともと決まった値です。
Fの値が小さいレンズ(2以下がオススメ)を使いましょう。

そして設定は絞り優先モード。
Fの値を小さく設定して、撮影すれば「ボケ」のきれいな写真が撮れます。

まとめ ボケが素敵な写真を撮ろう

ハートフルフォトレッスン、今回のポイント
・ボケのきれいな写真は素敵です
・F値の小さい単焦点レンズを使おう
・撮影は絞り優先で絞りの値(F値)を小さく

 


face_thumb_thumbいかがでしたか。やはり素敵な写真が撮れて、それを残せたら素敵ですよね。気持ちがこもった写真、子ども達にもその気持ちを伝えていけたら素敵です。
この記事を書いたのは、
ハートフルフォトフォトグラファー五十嵐豊です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする