子どもとサイクリング

 

ハートフルフォトレシピ、今日の一枚は「子どもとサイクリング」です。

・・春の日、子どもを誘ってサイクリングに出かけました。

IMG_8263

 

自転車漕いで、春の風景を見ながら、とても気持ちがいい!
この「気持ちいい」という気持ちが伝わる写真になりました。

用意するもの

カメラ(一眼レフ・ミラーレス・コンパクトなど、どれでもOK)
持ち歩きやすさ優先で、三脚などは不要です。
この写真の撮影時は撮影者(僕)も自転車に乗っていますが、カメラは腰につけていました。

作り方(撮り方)

1.撮影モードは、風景またはPモード。
絞りを決める場合はF8程度が良いでしょう。
もちろんストロボは不使用です。

2.構図を決める
このように、風景+人物の場合は構図が大事です。
コツとしては、向かっている方(この場合は道路の先)を広くとる構図にすること。
進む方向、または視線の方向をあけると、画面に物語性が生まれます。

子どもの写真を撮るときは表情が見えるようにするのが原則。
ですが、場合によっては顔がなくてもいい場合もあります。

 

この写真のように、楽しんでいる様子がわかるのもそのひとつです。
また手前のカーブ、そして地面に落ちた影が、立体感を与えています。

 

コツは画面(ファインダー)をよく見ること。
ちょっとカメラを動かすだけで、構図が「決まる」ことも多いので、よく画面を見て構図を決めてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする