マタニティ写真

 

「ママのおなかに僕がいるんだね…」
まるで確かめるように、子どもは何度も写真を見ていました。

子どもは自分がおなかに入っている写真を見るのが好きです。

理由はよくわかりませんが、自分の出生について知りたいのか、何度も何度も同じことを聞いていた子どもの顔が印象的でした。

そんなわけで、妊娠して出産が近づいたらぜひマタニティ写真を撮るのがオススメです。

写真館に行って、撮ってもらうのも素敵ですし、そんなふうに気合い入れて写真撮らなくても、普段のスナップのようなものでも大丈夫。

コツとしては、おなかに手を当てたり、おなかを強調するポーズを試してみてください。

パパと一緒に撮ってみたり、好きな場所で撮ってみたり。

もちろん撮影はパパにお願いしてもいいし、セルフタイマーでもOKです。

 

マタニティ写真

出産当日は日曜日でした。公園を散歩しているときの1枚。

このあとすぐ産気づいて病院に行き、スピード出産になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする