寝顔を撮る

赤ちゃんがリビングで寝ています。

その寝顔を眺めていると、なんだかとても穏やかな気持ちになるもの。
いったいどんな夢を見ているのだろう…。

そんな赤ちゃんの寝顔を撮るコツは2つ。

ひとつは視線を下げて撮ること。
上から見下ろす形ではなく、真横またはそれよりやや上くらいから撮るのがオススメです。
また背景がごちゃごちゃしていないほうが、より幸せが伝わる写真になります。

もうひとつは、露出を大きくプラスにして明るい雰囲気にすること。
作例もプラス1と1/3にして、柔らかい雰囲気になるようにしました。

たまたま光が逆光気味だったので、それも赤ちゃんの優しい雰囲気を引き立てています。

寝顔を撮る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする