「 おでかけ 」カテゴリー

光に包まれる

子どもや家族の写真を撮るとき、ドラマチックな写真になるとっておきのテクニックがあります。

それは逆光で撮ること。

 

IMG_1747

 

夕方や、太陽の位置が低い時間に太陽の光が直接あたる場所。
子どもたちと一緒にたくさん遊んで、そして太陽の光が当たったときが写真を撮るチャンスです。

 

太陽が子どもの後ろになるような位置に自分が移動して、カメラを向けてみる。
真後ろ、というより、少し斜め後ろから光があたるくらいのところ。

 

すると、子どもは黄色い光に包まれて、身体の輪郭、髪の毛の一本一本が逆光で浮き上がる・・。

 

光に包まれている感じがなんだかドラマチックで、子どもへの気持ちや、この場所の空気感のようなものまで写真に残る気がします。
それは光のマジックのよう。

僕のフィールドは北海道なのですが、秋から冬にかけて、高緯度である北海道は太陽の角度が低い。

角度にして10度以上太陽の位置が低く、高緯度ならではやさしい光が差し込みます。

 

逆光写真のポイントは露出補正です。

顔が真っ黒になってしまうことが多いので、露出補正プラスして撮るのが基本。
露出補正の仕方は事前に確認しておきましょう。

逆光の写真、ぜひ楽しんでみて下さいね。

 


この記事を書いたのは、
ハートフルフォトフォトグラファー五十嵐豊です。

すぐカメラを見ない

デジカメになって変わったことのひとつが、撮った写真がすぐ見られること。
1枚撮るごとに写真が確認できるのはとても便利で、少し前なら考えられなかった変化です。
写真を撮るたびに下を向いて確認している姿をよく見ます。
でもちょっと待って。
子どもの自然な写真を撮るとき、この「確認する」という動きがないほうがいいなー、と思うことがよくあります。
なぜなら、子ども写真で大事なのはシャッターチャンスだから。
子どもの表情や動きは瞬間瞬間で変わっていき、それを見逃さないことがなによりも大事。
いい瞬間の次にもっといい瞬間があることはよくあります。
撮った写真、気になりますよね。
もし確認する場合は手早く、軽く見る程度。
ぜひ試してみて下さい。

 

 

すぐカメラを見ない

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

みている目、みているもの

子どもと一緒にお散歩していたら、水道の蛇口を見つけました。

子どもって水が大好き、イタズラ大好きなので、公園にある蛇口を見つけるとなにか「気持ちのスイッチ」が入ってしまうみたい。

タタタと駆けていって、さっそく触ってみる。

「どれどれ・・、水でるかな?」そんな気持ちになっている子どもの様子を写真に撮ってみました。

 

このときのポイントは、子どもの顔と子どもが興味を示しているものの両方が入るようにすること。

「見ているもの」と、それを「見ている目」の両方が入る構図にするのがポイントです。

目が入ると気持ちが写り、対象物が入ると、写真に共感が生まれる気がします。

作例では、コレなんだろう…?と蛇口を触っている様子を、蛇口と顔の両方が入るようにしてみました。

 

単焦点レンズなどを使っている場合は、F値を小さくして背景をボカすのも、主題が引き立ちます。

 

「なんだろう・・」「おもしろいなー」そんな瞬間をぜひ写真に撮ってくださいね。

 

みているもの、みている目

子どもとサイクリング

 

ハートフルフォトレシピ、今日の一枚は「子どもとサイクリング」です。

・・春の日、子どもを誘ってサイクリングに出かけました。

IMG_8263

 

自転車漕いで、春の風景を見ながら、とても気持ちがいい!
この「気持ちいい」という気持ちが伝わる写真になりました。

用意するもの

カメラ(一眼レフ・ミラーレス・コンパクトなど、どれでもOK)
持ち歩きやすさ優先で、三脚などは不要です。
この写真の撮影時は撮影者(僕)も自転車に乗っていますが、カメラは腰につけていました。

作り方(撮り方)

1.撮影モードは、風景またはPモード。
絞りを決める場合はF8程度が良いでしょう。
もちろんストロボは不使用です。

2.構図を決める
このように、風景+人物の場合は構図が大事です。
コツとしては、向かっている方(この場合は道路の先)を広くとる構図にすること。
進む方向、または視線の方向をあけると、画面に物語性が生まれます。

子どもの写真を撮るときは表情が見えるようにするのが原則。
ですが、場合によっては顔がなくてもいい場合もあります。

 

この写真のように、楽しんでいる様子がわかるのもそのひとつです。
また手前のカーブ、そして地面に落ちた影が、立体感を与えています。

 

コツは画面(ファインダー)をよく見ること。
ちょっとカメラを動かすだけで、構図が「決まる」ことも多いので、よく画面を見て構図を決めてくださいね。