「 日常風景 」カテゴリー

外に出よう

北海道の晩秋、風はすっかり冷たくなり、いつ雪が舞ってもおかしくない・・そんな日曜日。
子ども達と一緒に公園に遊びに来ました。

こんなに寒いのに子ども達は元気いっぱい。
うれしそうに走り回り、ブランコをこぎ、滑り台を滑る・・。
そんな様子をパチリ。

北海道、高緯度ならではのやさしい太陽の光が子どもを包み込んで、とてもいい感じの写真になりました。

どういうわけか、家の中やスタジオよりも、屋外のほうが気持ちが伝わる写真を撮りやすい気がします。

子ども達の気持ちのせいでしょうか。
それとも太陽の光のせいでしょうか。

いずれにしても、子どもを誘ってカメラを持って。
天気のいい日は外に出たいものですね。

外に出よう

すぐカメラを見ない

デジカメになって変わったことのひとつが、撮った写真がすぐ見られること。
1枚撮るごとに写真が確認できるのはとても便利で、少し前なら考えられなかった変化です。
写真を撮るたびに下を向いて確認している姿をよく見ます。
でもちょっと待って。
子どもの自然な写真を撮るとき、この「確認する」という動きがないほうがいいなー、と思うことがよくあります。
なぜなら、子ども写真で大事なのはシャッターチャンスだから。
子どもの表情や動きは瞬間瞬間で変わっていき、それを見逃さないことがなによりも大事。
いい瞬間の次にもっといい瞬間があることはよくあります。
撮った写真、気になりますよね。
もし確認する場合は手早く、軽く見る程度。
ぜひ試してみて下さい。

 

 

すぐカメラを見ない

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

赤ちゃんのチカラ

赤ちゃんって不思議な存在です。

・・そこにいるだけで、その場の空気の雰囲気が変わる。

どういうわけか、ただいるだけで和んでしまう。

 

その無防備さのせいでしょうか。
それとも私たちにもともと備えられた「なにか」のせいでしょうか。

 

「かわいい」とかそんな簡単な言葉では表現できない、そんな不思議なチカラを持っている気がします。

・・写真は生後2ヶ月半の赤ちゃんとお母さん。

まだ首も座らず、ベッドに寝たまま。

お母さんが、なにやらちょっかいを出している・・

そんな様子をパチリ。

大人の顔や手で、赤ちゃんの小ささがより引き立ちました。

 

赤ちゃんのチカラ

 

今回はCanon付属ソフトのDPPで、
・ピクチャースタイル「モノクロ」
・調色「紫」
にしてみました。

「絵本を読んでいる家族」

ハートフルフォトレシピ、今日の一枚は「絵本を読んでいる家族」です。

IMG_3974

・・・お風呂タイムの前、お母さんが子どもに絵本を読み聞かせています。
子ども達は話の展開をワクワクしながら聞いています。

どこの家庭にもあるような、そんな日常の風景。
そんなものを撮ってみました。

 

用意するもの

カメラ(一眼レフ・ミラーレス・コンパクトなど、どれでもOK)

作り方(撮り方)

1.撮影モードは、どれでもOK。
「ポートレートモード」などがあれば、それを選択します。
作例では、背景をボカして雰囲気を生かした写真にするために、絞り優先でF1.8に設定しました。
ストロボは使いません。

2.カメラの高さを下げて、視線をみんなと同じ高さにします。
見下ろした感じでもなく、見上げた感じでもなく「同じくらい」がコツ。

3.ピントは顔に合わせます。

4.声をかけずにこっそり何枚か撮影。

「はい撮るよ~」などと声はかけません。あくまでもこっそり、盗み撮り!くらいの感じで撮るのがいいのです。絵本を読むときの表情はクルクル変わりますし、まばたきなどもしますので、連写モードにして数枚ずつ撮るのがおすすめです。

5.いい写真を選ぶ

 

お母さんのやさしさ、子どもたちが絵本に引き込まれている様子。
そんなものが撮れたら素敵ですね。

この作例では背後がもっとシンプルな感じになっているとより素敵ですが、ここではそのために準備するよりもシャッターチャンスのほうを優先しました。

 

コツはなんといってもカメラを意識しないように撮ること。
これでカメラのほうを向いていたり、ピースや変顔をしていたら台無しになってしまいます。

「あ、いいな・・」
そう思ったら、そっと近づいて、そっと撮る。

 

ぜひそんなふうに撮ってみてくださいね。