「 写真論 」一覧

写真を撮ることは幸せなこと

僕の住む北海道はとうとう雪が降りてきました。
子ども達は大はしゃぎ!

IMG_8204

写真を撮ることは幸せなことです。
なかでも小さい子どもを撮ること。

写真を撮ることは、どうしてこんなにも幸せなのでしょうか。
そんなことを考えています。

写真を撮ることは、子どもの気持ちになって考えること。
いま、なにに目を奪われているんだろう。

なにがそんなに楽しいんだろう。

そんなふうに子どもの気持ちを考える。

子どもの気持ちになって、そっとシャッターを押す。

IMG_8234

写真を撮ることは、その場所の空気、その場所に流れる雰囲気を切り取ること。
一瞬しかないその感覚を、削りだしていくこと。

それはまるで美術品を作り出すような、そんなプロセスに通じるのかもしれません。

そして、いま目の間にある空間を、他の場所で、他の人と共有することもできる。
なによりも写真に撮った、その子どもの未来を、子ども自身と共有することができる。

・・いま、僕らはこの世界を一緒に生きている。

写真を撮ることはとても幸せなことです。

さあカメラを持って、子ども達を連れて。

 


face_thumb_thumb1_thumb_thumbというわけで今回は「写真を撮るのは幸せなこと」というコラムでした。
僕が伝えたいことは、子どもが小さいのは今だけ。今のこの瞬間を写真に撮って、そして未来の宝物にできたら素敵だよね・・そんな気持ちを込めて書きました。子どもを育てる人すべてが、たくさんの宝物を手にできますように。
この記事を書いたのは、
ハートフルフォトフォトグラファー五十嵐豊です。